2020年03月26日

生活費、引っ越し費用、敷金・・・国がすべて負担!?

 「家賃を支払えるだけの収入がなく、保証人も見つからない」というケースでは、独力で賃貸住宅を借りて住むのは難しいため、生活保護など国の支援を利用しなければならない。
 生活保護の申請が認められれば、生活費のほか、引っ越し費用や敷金、礼金も国が負担してくれる。確実に家賃が徴収できるため、生活保護費受給者の入居を歓迎する大家もいるので、家探しの苦労はなくなる。
 生活保護にはあまりいいイメージがないため、積極的に受けようとする人はほとんどいないが、生活保護は国が定めた国民を守るための制度であり、受給することは国民の権利なのだ。生活再建のために利用することをためらう必要はない。ただし、生活保護を受ける暮らしには通常と異なる制限が課せられるので、事前に確認しておくことが大切。


posted by GHQ/HOGO at 06:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。