2020年03月17日

生活保護受給者がお金を借りるのは難しい

 生活保護を受けると、ローンを組んだりクレジットカードを契約したりすることができなくなる。法律で禁止されているわけではないが、金融機関の審査に通らないケースがほとんどなのだ。生活保護費は安定した収入とみなされず、借りても返せないだろうと判断される。
 嘘をついてカードローンを契約しても、返済が滞ればブラックリストに載って今後一切お金を借りられなくなる。生活保護受給者でも融資可能だとうたっている業者はヤミ金の可能性が高いため、注意が必要なのだ。
生活保護費はいくらもらえる?
 生活保護費は、どれくらいもらえるのでしょうか。厚生労働省が定める最低生活費から自分の収入を差し引き、その差額分が生活保護費として、支給される仕組みだ。最低生活費が15万円で自分の収入が8万円だとしたら、生活保護費は7万円となる。自分の収入が最低生活費を上回っていたら、受給はできない。
 最低生活費は、世帯人数や年齢、地域の等級によって異なる。妊婦や障害者など状況によっては加算扶助もあるため、1人ひとりもらえる金額は違ってくる。自分の住んでいる地域の等級については、厚生労働省のHPに一覧が載っているので参考にすることだ。この地域の等級が最低生活費を計算するうえで、最も重要になってくる。住んでいる地域の等級を確認することだ。より正確な金額を知りたい人は、自分が住んでいる地域の福祉事務所へいくと教えてくれる。
posted by GHQ/HOGO at 06:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: