2020年03月06日

ベーシックインカムと生活保護の違いとは?

 ベーシックインカムは生活保護と似ているという印象を持つ人もいると思うが、その違いはどこにあるのだろうか。
 生活保護とベーシックインカムの違いは1番大きいのは審査がないということかもしれない。誰ももらえるのがベーシックインカムなので、不正受給という可能性が限りなく低くなる。生活保護は審査があるので、特定の人しか貰えない。これが生活保護バッシングの原因の1つかもしれない。自分が貰えていないが、他人が貰えるものというのは羨ましく感じられると思う。でも、ベーシックインカムは全員が同じ金額を貰うので、そういうバッシングの種にはならないと思う。
 あとはベーシックインカムは基本的にずっとお金が支給し続けられることが前提だが、生活保護は打ち切りがあるので、無期限ではない。人によって期限が違う可能性があるのが生活保護で、期限がないのがベーシックインカムになるのだろうか。こういったところがベーシックインカムと生活保護の違いになる。
 生活保護は廃止になるという意見が多い。ベーシックインカムがあれば、それで最低限の生活ができるようになるからだ。というか、生活保護などを含めた社会保障の一本化を財源にしようと考えている人は生活保護の廃止を前提にしているのではないか。したがって、ベーシックインカムがある社会というのは、生活保護は存在しないと考えている人が多いでしょう。
 社会保障の一本化によって財源を作ろうとしている人ならばそのように考える人が多いと思う。生活保護が廃止されてもベーシックインカムがあればなんとかなると考えている人が多いと思われる。
 生活保護とベーシックインカムの違いというのも重要だが、生活保護の扱いがどうなるのかというのは、多くが考えているのではないだろうか。
 あと、最低賃金の問題もあると思う。ベーシックインカム賛成論者の中には最低賃金を廃止しても良いのではないかと考えている人もいる。最低賃金というのは、企業にとっては負担になるわけだ。支払わないといけない給料の最低基準が決まってしまうので、もっと安くしたいということができない場合があるからである。
 最低賃金に関しては撤廃しても良いという声があるが、それは最低限の生活が保障されるならば企業で働かないとしても生活で困ることはないからだということなのだろう。または、働いた場合にそれなりの賃金が貰えないとしても、生活に困らないということもあるのではないか。
 最低賃金が撤廃されると、賃金はどう決まるのかというと、今まで通り労働市場の需要と供給で決まるわけだが、普通に考えたら賃金は上がる気がする。それは働かないという選択肢をとりやすくなるので、労働市場における供給側が減るからだ。
 だから、最低賃金の法律がある、なしにかかわらず、賃金は勝手に上がるので、事実上ベーシックインカムがあった後の最低賃金は必要ないということになるかもしれない。
 ベーシックインカムがあっても最低賃金は必要という声もあるかもしれない。というのも、賃金が上がるというのは全体的の話であって、特定の職業に関しては賃金が下がる可能性もあるからだ。
 なり手が多くいるが、賃金にかかわらずやりたい人が多くいるような職業は、ベーシックインカムがあれば賃金を気にしないでもできるので、そういった職業は賃金が下がる可能性もあるが、そういう状況を好ましくないと思えば、最低賃金は存続した方が良いと考える人もいると思う。
 ベーシックインカムによって、賃金0でも働きたいと思っている人が多くいる職業はそういったことになる可能性があるけど、そういう職業が実際に現実的にどれだけあるかという問題もある。
 だから、最低賃金がなくても、困る状況というのはあまり想像できないが、最低賃金の存在意義はベーシックインカムによって減少するということも言えるのではないかと思う。
 社会保障を十分に用意できている段階では、企業に負担をかける形で、最低賃金という社会保障を用意する必要性はないからだ。
 だから、ベーシックインカムでは最低賃金の廃止に賛成する人はそれなりに多くいるかもしれない。ベーシックインカムが導入されるといろいろな部分で社会が変わる可能性がある。したがって、その部分まで議論の対象にしていくことになるのだと思う。
 ベーシックインカムでは共産主義や社会主義との違いについて気になっている人もいるし、生活保護との違いが分からない人もいると思うので、ベーシックインカムという単語や何となくの内容は浸透しているけど、細かい部分ではまだまだ知らない部分が多くあったりして、完全には浸透していないと言えるので、日本で実現するにはそういった部分まで理解が進むことが必要なのだ。
posted by GHQ/HOGO at 08:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: