2019年01月10日

扶養義務の強化には反対

 結論から言うと、扶養義務の強化には反対である。というか、やることにまったくの良い点がない。支援の視点からよくないどころか、行政コストもあがるはずだ。
 貧困の連鎖を助長するし、必要な人の生活保護の申請をためらわせてしまう。 また、扶養の履行の調査をすることの意味もわからなくなる。前時代的ではないか。「扶養義務の強化」を狙った「調査」は行う必要はいっさいない。厚労省は再考すべきだ。
posted by GHQ/HOGO at 06:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: