2018年10月09日

中国の貧富の差が日本の5倍もある?

 富裕層上位20%の所得を貧困層下位20%の所得で割った倍率が、日本は3.5倍なのに対し、中国は17.8倍で、中国の貧富の差は日本の5倍に達する。中国は社会主義国で日本は資本主義国なのに、これはなぜなのか。
 これに対してさまざまなコメントが寄せられた。
 「日本には所得倍増計画という立法があるからだ」 「欧米や日本は成熟した民主国家。中国や北朝鮮は封建制度の独裁専制国。貧富の差の根本原因は政治体制だろ」 「日本は民主制度で国民に権利があるから貧富の差が小さい。われわれの方は一党制で、国民に選択の権利はないから貧富の差が大きい」「欧米諸国は真の社会主義国。資本主義なんて象徴にすぎない。わが国は実は封建主義国。社会主義なんて象徴にすぎない」 「毛沢東路線を続けていれば貧富の差はなかった。富裕層はいないが、みんな食事にも事欠いただろう。今は少なくともお腹いっぱい食べられるし、ネットもできる」「毛沢東時代、庶民と高官の貧富の差は50倍どころではなく、500倍はあったと思うぞ」 「『先に富んだものが、まだ富んでいない者を富むようにする』という言葉をよく復習したほうがいい」 「共産党に反対した国民党が支配する台湾のほうが、大陸より貧富の差が小さい理由を誰か説明できるだろうか」
 つまり、中国の共産党は、社会主義政策を行っているのではなく、単に独裁主義政策を行っているにすぎないのだ。中国に共産主義は似合わない。
posted by GHQ/HOGO at 06:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: