2017年12月23日

生活保護の食費や光熱費、67%の世帯で減額へ

 来年度からの生活保護基準の見直しで、厚生労働省は22日、生活保護費のうち、食費や光熱費に充てる「生活扶助」について、受給世帯の67%で減額となると発表した。
 同省では受給者の生活への影響を考慮し、世帯ごとの引き下げ幅を5%以内と決めていた。
 世帯類型別に見ると、単身世帯は78%、子育て世帯は43%でそれぞれ引き下げられる。都市部の50歳代単身世帯は5%減になる一方、地方は増額の傾向にあり、50歳代の夫婦の場合、現行より9.7%増える。
 生活扶助基準は5年に1度、見直されており、来年10月から3年間かけて段階的に約160億円(1.8%)削減される。
posted by GHQ/HOGO at 06:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: