2013年09月01日

母子家庭で生活保護を受けるメリット・デメリット

生活保護を受けることは必ずしも良いことばかりとはいえない。特に母子家庭では子育てのことを考えたうえで申請する必要がある。母子家庭で生活保護を受ける場合にどんなメリットとデメリットがあるか比較してみよう。

母子家庭で生活保護を受けるメリット

経済的な安心を得ることができる母子家庭で特徴的な問題は、仕事と家庭を両立させることが難しく、スキルの習得にも時間がかかるためなかなか十分に収入を得る仕事に就くことができないことである。生活保護を受けることは、最低限度とはいえ生活が保障される暮らしができることが最大のメリットだ。税金や医療費を負担しなくてよく、子供が幼いうちは、発熱や怪我など少しの体の変化が心配だか、有難いことである。利用できる病院が限られていることなど、不自由な面もあるが、治療費がなくて病院に通えないという不安からも解消される。また、生活保護を受けることでさまざまな税金の負担が免除される。

母子家庭で生活保護を受けるデメリット

貯金をすることができない支給された生活保護費を預貯金にまわすことは禁じられている。生活をするうえで必要最低限の金額を支給するわけだから、貯金にまわすお金はないとみなされる。子供が進学したいと思うときなど、その資金が準備できなくては不自由な思いをさせてしまうことになりかねない。

家賃に上限がある生活保護を受けながらアパートや借家で生活しようとすると、家賃の上限がある。生活保護を申請したいと考えるなら上限額内で住める賃貸を探さなければならない。子供のことを考えると部屋の広さだけではなく、音が響かないかなどを考慮すると選択肢も限られてくる。

生活費以外で使ってはいけない生活保護費は、最低限の生活を保障するもの。借金の返済や賭け事はもちろん禁じられ、娯楽品の購入も限られる。子供がいる母子家庭世帯では、子供に我慢をさせなければならならないこともある。

自動車を持つことができない生活保護を申請しようと思うと、車を手放さなければならなくなることも考えておく必要もある。生活の行動範囲が狭まることや、幼稚園・学校などの通える範囲が限られてくることも視野にいればければならない。

扶養親族に援助要請の連絡が入る生活保護を受けていることを回りに知られたくないという母子家庭のお母さんの声はよく耳にする。しかし福祉事務所のほうから定期的に援助確認の連絡が行き、親族に迷惑をかけることになりかねない。

 生活保護を受けることは、最低限の生活は保障されるが自由の利かないことも多くある。母子家庭では、自分1人の問題ではなく、子供の将来のことも考えたうえでの選択が迫られる。生活保護は良い面だけではなくデメリットもあることを知り、子供にとって、自分にとってよりよい生活のためにはどうすればいいのか1つずつチェックすることだ。



posted by GHQ/HOGO at 09:43| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひとり親家庭には低所得者に限り児童扶養手当が最大月額41000円が支給されますが、生活保護の母子世帯はその児童扶養手当の全額が没収される事はあまり知られていません。また、有期の保護制度の問題に関しては国際人権条約の中の『子どもの権利規約』に世界中で批准していないのはたった二つの国しか無い、その二つの国のうちの一つが米国だと日本人の殆どが知っているとは思えません。その人権後進国の米国に合わせて行こうというのは世界の常識から逸脱した行為です。弱肉強食はあくまで生物の食物連鎖の話であって、強い者は生き残る、弱い者は死んでくれ、の思想はただの優生学です。人間は誰でも保護されるべき子どもの時代があり、最後は必ず老います。ひとりで生きていける人間などいません。成人の間も病気、事故、倒産、失業等、自分の力だけでは解決出来ない問題にぶつかる可能性はあると思います。教育と福祉は国民の大切な財産であり、権利です。
Posted by 匿名 at 2013年09月04日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373618005
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック