2010年08月02日

生活保護が適用された場合の国民年金や住民税について

 国民年金
 国民年金の『免除証明書』が、福祉事務所より交付され、提出するようにケースワーカーより指示がある。
免除証明書の提出で、免除となり、払う必要はなくなる。
 住民税
 生活保護決定の段階で、証明書を納付課に持参し『生活保護決定』を申請することだ。これで、支払いの義務はなくなる。そして、これからの納税の分の免除を納税課に申請する。これで、これからの分の住民税の請求は来なくなる。そのご、税金免除決定の書類が、自宅に届く。
posted by GHQ/HOGO at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック