2020年05月07日

生活保護申請を拒否する「水際作戦」は違法!

「水際作戦」という言葉をご存じだろうか? これは、不正受給や地元の受給者数が増えることを警戒した自治体が、さまざまな理由をつけて生活保護の申請を受理しないことで、現在、社会問題となっている。
 これは明らかに違法である。生活保護を申請することは私たちの権利なので、もしあなたが生活保護の申請をしたいのに断られてしまっていたら、弁護士に相談し、同行してもらうことをオススメする。同行してもらう場合、法テラス(日本司法支援センター)の援助制度を利用できるので、原則、弁護士費用はかからない。お困りの方は、法テラスに相談してみることだ。
 民間の支援団体でも、生活保護の相談に乗り、場合によっては申請同行をしてくれることがある。NPO法人のPOSS、もやいなどに相談して、お住まいの地域のNPOを教えてもらう手もある。


posted by GHQ/HOGO at 05:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。