2020年02月12日

生活保護と児童扶養手当は同時に受けられる?

 生活保護の認定は要件に従い、資産や能力の活用、生活保護制度以外の手当の支給などを受け、それでも収入が最低生活費を下回る場合に支給される。
 児童扶養手当などの申請は生活保護を申請するよりも前に行われ、支給されれば収入として扱われる。
 生活保護の認定は厳しいことが多く、この収入認定を受けた金額が最低生活費よりも低いことが前提となる。
 理由があって働くことができず収入がほぼない場合、児童扶養手当などが収入となるため、それが最低生活費を下回っている場合は生活保護と児童扶養手当を同時に受けることは可能である。
 ただし、手当の受給は積極的に給付を受けるべきだとされているが、場合によっては生活保護の支給額が減額あるいは支給されないというケースもあるため注意が必要である。


posted by GHQ/HOGO at 08:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。