2019年10月28日

負のスパイラルから脱却するために…

 5つの格差それぞれが絡まり合い、強固になることで上位層と下位層の差はさらに広がる。富めるものはますます富み、貧しいものはますます貧しくなる二極化が進んでいく。そして、所得格差や地域格差が教育の格差を生み、親の貧困がそのまま子供に引き継がれ、貧困層から抜け出せない状況になる。
 この負のスパイラルから脱却するためには、知識を付けなくてはならない。そしてその知識を行動に変えなければならない。
 選択は自分が認識できる範囲でしかできない。知識を得る手段としてインターネットは効率的。しかし、必要不可欠ではない。図書館で本を読み込んで必要な知識を得るのでもいいだろう。師匠を見つけて、弟子入りしてもいいだろう。目的を持って、行動に移すことが重要なのだ。
 一昔前は資金を調達するには銀行からの融資が主たる方法だった。銀行融資は担保や返済能力の有無によって資金調達の可否が決まる。しかし現在は資金調達の方法も多様化している。クラウドファンディングを使えば担保を必要とせず、アイディアの素晴らしさや、社会貢献度、共感の大きさ、熱量、そしてメッセージの伝え方によって調達金額は変わってくる。
 知っているけどやらないということと、知らないからできないということは全然違うのだ。自分で選んでいる生き方と、誰かに流されている、あるいは知識がなくてそもそも選択肢があることすら気づかない生き方では1年後の立ち位置は大きく変わってくるはずだ。
 もちろんその選択が正解かどうかは誰にもわからない。世の中の現象に唯一の正解はない。どれを選んでもうまくいくかもしれない。どれを選んでもうまくいかないかもしれない「でも自分で選んでいる」、それが重要なのである。
posted by GHQ/HOGO at 06:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする