2019年10月08日

世界で最も腐敗している国 ワースト29

 世界経済フォーラムは、その年次報告書『世界競争力報告(Global Competitiveness Report)』の中で、腐敗指数を公表した。
 世界各国の腐敗や汚職を監視するNGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」の腐敗認識指数と関連した方法を使って、 世界経済フォーラムは140の国について、その腐敗度を100点満点で評価、ランク付けした。
 スコアが高いほど腐敗度は低く、スコアが低いほど腐敗度は高い。Business Insiderでは、スコアが30以下の国をリストにまとめた。
 腐敗度の高い国は、司法制度や統治制度が弱く、貧困が蔓延したアフリカ、中米、中東に多い。だが、中にはその経済力で世界トップ20に入る国もランクインしている。
 以下、世界で最も腐敗した国を見ていこう。
 29位同率) イラン −− 30.0
 29位(同率) ウクライナ −− 30.0
 29位(同率) ガンビア −− 30.0
 22位(同率) ロシア −− 29.0
 22位(同率) パラグアイ −− 29.0
 22位(同率) メキシコ −− 29.0
 22位(同率) ラオス −− 29.0
 22位(同率) キルギスタン −− 29.0
 22位(同率) ドミニカ共和国 −− 29.0
 22位(同率) ホンジュラス −− 29.0
 17位(同率) グアテマラ −− 28.0
 17位(同率) バングラデシュ −− 28.0
 17位(同率) モーリタニア −− 28.0
 17位(同率) レバノン −− 28.0
 17位(同率) ケニア −− 28.0
 15位(同率) ギニア −− 27.0
 15位(同率) ナイジェリア −− 27.0
 13位(同率) ウガンダ −− 26.0
 13位(同率) ニカラグア −− 26.0
 11位(同率) カメルーン −− 25.0
 11位(同率) モザンビーク −− 25.0
 8位(同率) ハイチ −− 22.0
 8位(同率) ブルンジ −− 22.0
 8位(同率) ジンバブエ −− 22.0
 5位(同率) コンゴ民主共和国 −− 21.0
 5位(同率) カンボジア −− 21.0
 5位(同率) タジキスタン −− 21.0
 4位 チャド −− 20.0
 3位 アンゴラ −− 19.0
 2位 ベネズエラ −− 18.0
 1位 イエメン −− 16.0
posted by GHQ/HOGO at 06:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする