2018年08月19日

貧困には2種類ある!

 貧困には大きく「絶対的貧困」と「相対的貧困」の2種類ある。
・絶対的貧困
 絶対的貧困: 必要最低限の生活水準が満たされていない層または個人のことで、アフリカ難民や戦争で焼け出された難民のように、食べるものや着るものに困窮している状態である。
・相対的貧困
 相対的貧困: 生活水準が他と比べて低い層または個人のことで、病院に行けない、進学ができない、満足な学習を受けられない、友達と遊びに行けないなど、貧困状態にない人が当たり前に送っている生活が難しい状態である。
 「相対的貧困」は「絶対的貧困」と比べれば、生活の苦しさは伝わりづらく、見えづらいものである。貧困層の子どもたちでもスマートフォンを持っている場合もあるし、着るものもある。食べられなくて飢餓状態にあるわけではない。それでも大学にいけなかったりして、将来を諦めている子供たちがたくさんいるのである。そうした見えにくい貧困の現状をまず認識すべきなのだ。
posted by GHQ/HOGO at 06:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする