2018年03月24日

格差社会を生き抜くために

 日本では、相対的貧困は拡がっている。OECD(経済協力開発機構)は、収入(正確には可処分所得)が世間並水準の半分以下の人たちを相対的貧困と名付けているが、世間並みは年間250万円なので、相対的貧困ラインは125万円、1日当たりの生活費は約3000円である。日本では6人に1人がこのライン以下だ。昭和時代は8人に1人だったから確実に拡大しており、他の先進国30ヵ国と比較してもアメリカに次いで4番目に高い数字なのである。
 今の世の中、大企業に就職してれば安泰という訳ではないん。こうした時代を生き抜くには、スキルを身につけるしかないかもしれない。専門的なスキルも大事だが、それよりも周囲と協力して目的を達成できるコミュニケーションスキル、課題を発見して解決策を導き出すスキルが求められているのではないか。職場や学校で、こうしたスキルを身につけられるよう、日頃からの努力と経験が欠かせないのかもしれない。道遠しだが…。
posted by GHQ/HOGO at 08:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする