2017年12月02日

恐怖、恥の意識、自責感情、責められる不安

 性暴力やセクハラを受けた人は、被害を訴えにくいものである。加害者への恐怖、恥ずかしいという意識に加え、被害に遭った自分を責めてしまいがちだ。周囲から自分を責めるような言い方をされたり、好奇の目にさらされたりするセカンドレイプもある。また、詐欺や悪徳商法の被害者は、だまされた自分を責め、恥ずかしく思い、周囲からも責められたりバカにされたりしがちなのだ。避難する場所や守ってくれる施策が求められる。生活保護制度もその1つ出なければならないのだ。
 DV(配偶者らからの暴力)や子供・障害者・高齢者に対する虐待では、加害者との力関係が問題になる。家庭内でも施設・事業所でも、一方が権力や支配力を持っているから虐待が起きやすく、被害者はそこから抜け出しにくいものである。再び被害に遭うこと、報復を受けることへの恐怖心もあれば、日常生活や経済面で相手に頼っている現実もある。加害者に対して、悪いだけではない、世話になっていて申し訳ない、自分にも非がある、と考えてしまうこともある。福祉行政の不備が指摘されるところでもある。
posted by GHQ/HOGO at 07:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする