2017年11月12日

ワーキングプアの生活の実態

 連合が調査した結果だが、今後の収入アップも見込めないと考える人がワーキングプアの8割弱。将来に希望が持てないと考える人が6割を超えており、悲観的なイメージがある。
 ワーキングプアの生活実態をまとめてみた。プア層が我慢しているものが、レジャー、旅行、外食、衣料品、家具インテリアなどで約30〜50パーセントの人が購入を避けたりしている。1日の食費は、約700円〜800円(3食)。東京のランチ代1回分にも満たないような金額となっている。
 また、高学歴ワーキングプア、高学歴ニートと呼ばれる人たちが増加している。これは修士課程や博士課程を修了しても、なかなか就職に繋がらないというのが原因だといわれている。 大学院を卒業しても就職できない人は大学や研究機関などの非正規雇用で研究員になる人も多く、そういった人たちはいわゆるパートタイマーとなり、給料によってはワーキングプアの層に分類されてしまうことも少なくない。ポスドクなどは交通費も出ず、相当厳しい収入となっていると一時期テレビでも話題になった。その他高学歴ニートという言葉もも増えているようだが、東大出身でもニートがいるようなのだ。
 原因は多岐に渡るのだが、口コミをまとめてみると、
 ・エリート企業を狙い失敗した
 ・弁護士など難易度の高い司法試験に失敗し、ニートになった
 などがあるようだ。
posted by GHQ/HOGO at 08:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする