2017年08月22日

アトラクションだけを楽しいと思う日本人は貧しい!

 遊ぶ、旅行するときに楽しいと感じることは何だろうか。
•飲みに行くこと
•カラオケをすること
•ディズニーランドにいくこと
•ナイトクラブにいくこと
•観光スポットがあること
 ほかにもまだまだあると思うのだが、これってすべてアトラクションなのである。言葉で説明するのが難しいのだが、どれもモノに執着しているのである。そのモノがあって初めて楽しいと感じているにすぎない。
 日本人が楽しいと思えるモノが一切ないバングラデシュのどこが好きなのか、何が楽しいのか、と言われることがある。
 大型連休のときも、他の日本人は隣国に旅行に行ったり、日本に帰国したりするけれど、「バングラデシュに残る」と言うと、「何するの」「遊ぶ誰かいるの」という質問を必ずされることになる。例えばタイにいくときに、「楽しいことあるの」とは絶対聞かれない。タイにはたくさんの日本料理屋があったり、綺麗なおねえちゃんがいる夜の街があったり、観光スポットがあったり、そういう楽しいモノがあることがわかってるからなのだろうか。バングラデシュに魅力を感じるのはヒトであり、バングラデシュの人々の考え方や生き方なのである。


posted by GHQ/HOGO at 07:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。